トップページ  >  FPコラム  >  保険法改正で火災保険は安くなる!?

保険法改正で火災保険は安くなる!?

2010年9月21日

ファイナンシャル・プランナー ゆりもとひろみ

2010年1月から実施されている、火災保険の変更点について、まとめてみたいと思います。

保険法の変更点

2010年4月から、保険法が改定となりました。要は、お客様が損をしないよう、フクザツすぎる仕組みをなるべく簡素化していきましょう、という方向での改定です。

火災保険に関しては、2010年1月から、新規加入される場合、改正後の保険料率が適用されています。今までは、建物構造は5種類ありました。また建物のあちこちの材質によって、こまかく保険料が分かれていて、保険の内容が大変フクザツになっていました。

これを、改定後は、建物構造を3種類(M、T、H)に減らし、割引の種類も一気に簡素化されました。「ということは、改定後の火災保険は安くなるのね?」と思いきや、話はそんなに簡単ではありません。結論から言うと、安くなる人と、高くなってしまう人がいます。

保険料が安くなる目安は?

昨年12月に新居完成で、火災保険を申し込まれたお客様がいました。この方の場合、改定前の保険料の方が安い! ということで、35年、目いっぱいの火災保険に、駆け込みで入りました(もし、改正後が安ければ、1年だけにして、1年後、改定後の保険に入りなおすことになったと思います)。

家の構造やお住まいの地域によって、高くなったり安くなったりするという、ややこしい状態です。

安くなる方の目安をお伝えしておきますね☆ お手元の火災保険証書をご確認ください。

★ 火災保険や家財保険が、安くなる可能性がある構造

今までM構造だった
今までD構造だった
今までC構造の省令準耐火だった


また、改定とは関係なく、以下に該当する方は、保険料が安くなる可能性大です☆

高台やマンションの2階以上で、水災害の補償を外してもよい
住宅を取得したときに、金融機関で、長期一括の火災保険に言われるままに入った方(または、これから入ろうとしている方) ※ 旧住宅金融公庫の火災保険は結構割安なので、該当しません
毎年払っている火災保険料が6万円以上の方

最近の別のお客様は、火災保険が割高だったため、診断・調査をしました。その結果、年間12万円の保険料が5.6万円に減らせました☆

上記に該当する方で、火災保険料高いなあ、と思っている方は、安くならないか、調べてみる価値があると思いますよ。

ゆりもとFP事務所でも、ご相談を承っております。
個別相談(初回相談)をぜひご利用ください☆

2010年6月14日発行 ゆりもとFP事務所メルマガ掲載コラム 再編集

お金のプロフェッショナルである、ゆりもとFP事務所が、
富の法則をマスターするための「マインド」「行動」「情報」を発信中☆
【 お金と幸せを引き寄せる 富の法則 】 無料登録はこちらから >>

このページの最初へ戻る