トップページ  >  FPコラム  >  お金を払わずに、死亡保障を得る方法?

お金を払わずに、死亡保障を得る方法?

2010年9月23日

ファイナンシャル・プランナー ゆりもとひろみ

今回は、頭の体操のようなタイトルをつけてみました。

お金を払わずに、死亡保障を2,000万円くらい確保する

こんなことができるんでしょうか? どんな方法があるでしょうか?
皆さんも、ちょっと考えてみてください☆

     …

     …

     …

はい、では答えをひとつ、お教えいたします。

 不動産投資をする

これは、ある程度の余裕資金があれば可能な方法です(諸費用と頭金分で200〜500万円くらいが平均です)。

投資用不動産をお父さん名義で持つと、不動産ローン分の団信(ローンの残高と同額の死亡保険)がついてきます。収益性のある不動産であれば、お金を増やしながら、死亡保障も確保できてしまう、なんてことが、可能になるのです。 ただし、『利益の出る』投資であることが大前提です。

「老後の年金代わりに、マンション投資をしましょう!」という言葉だけにつられて、実質赤字の不動産投資に手を出してしまった場合、死亡保険がタダになるどころか、通常の何十倍も高い保険料を払っていることになっていまいます。

ゆりもとFP事務所では、大赤字の投資マンションをどうすればよいか、という相談が多くて、とても残念です。不動産投資で儲ける人を増やしたいなあと思っています。

現在保有中の投資用不動産が気になる方、これから不動産投資を考えてみたい方は、ぜひ、正しい利回り計算と物件選びができる専門家にご相談ください。ゆりもとFP事務所も、不動産投資相談を受け付けております。正しい知識があれば、不動産投資は、かなり成功しやすくなります。タダで死亡保障確保する! という、お得なおまけもゲットできるかもしれません。

今回は、「だれでもカンタンに実践」という訳にはいきませんでしたが、発想転換のヒントになれば幸いです。

2010年7月8日発行 ゆりもとFP事務所メルマガ掲載コラム 再編集

お金のプロフェッショナルである、ゆりもとFP事務所が、
富の法則をマスターするための「マインド」「行動」「情報」を発信中☆
【 お金と幸せを引き寄せる 富の法則 】 無料登録はこちらから >>

このページの最初へ戻る