トップページ  >  FPコラム  >  スカイプで教育費削減!?

スカイプで教育費削減!?

2013年08月08日

ファイナンシャル・プランナー 望月貴美香

家計を預かる主婦にとって、頭が痛い出費のひとつが教育費です。 親心と厳しい財政状態の狭間で「子供には好きなことをやらせたい、でも家計に大きな負担はかけたくない」 と葛藤している人は少なくありません。

そこで今回は人気の習い事「英会話」にスポットをあて、お得に英語を学ぶ方法をご紹介します。


オンラインスクールを利用しよう

近年、オンライン英会話スクールが急増し、家にいながらにしてレッスンを受けることができるようになりました。

Skype(スカイプ)ってご存知でしょうか?

インターネット回線を利用した無料電話で、カメラをつければテレビ電話になります。 このSkypeを使って、世界中の先生から英語を学ぶことができるのです。 嬉しいことにこのオンラインスクール、通学型スクールに比べかなりお安いのです。

<安さの秘密>

☆ 教室等の設備不要
☆ フィリピン人講師で人件費抑制


ところで、なぜフィリピンなのでしょうか?

フィリピンは、世界で3番目に人口が多い英語公用語国です。英語が堪能なうえ知識レベルが高い方も多く、 各スクールは、しのぎを削って優秀な講師確保に奔走しています。

※ネイティブ講師充実のスクールもありますが、料金がお高めになります。希望と予算にあわせて探してみてくださいね。


自分にぴったりのスクールを見つけよう

では、具体的にいくらかかるのかみていきましょう。
フィリピン人講師のスクールを例に挙げます。 (2013年7月18日現在)

■ A社 マンツーマン

毎日1レッスン(25分) 月謝5,000円
月謝制です。

毎日1レッスン受講すると1レッスンあたり約167円! (1ヶ月=30日で計算)

コーヒー1杯の金額で毎日英語に触れることができるなんて、すごくないですか?  ただし、毎日受講しなくても月謝は変わらないため、 お休みが多いと1レッスン当たりの単価が上昇。

 ⇒⇒⇒ おススメ対象者
 ・ 毎日英語学習の時間が確保できる方


■ B社 マンツーマン

 1レッスン(25分) 250円

利用した回数分だけ翌月まとめて支払います。毎日は受講できないけど、家事の合間や仕事の休み時間を利用して英語を勉強したい、 という要望を満たすのが、この都度払いタイプです。

 ⇒⇒⇒ おススメ対象者
 ・ 自分のペースでレッスンを受けたい方
 ・ 隙間時間を利用して英語に触れたい方


■ C社 マンツーマン担任制

週1回(25分)×4 月謝780円

担任制で曜日と時間を固定します。レッスンごとに予約をする手間が省け、体系的に勉強をすることができます。

 ⇒⇒⇒ おススメ対象者
 ・ 強制的に勉強時間を確保したい方
 ・ 同じ先生から進捗状況に基づき指導してほしい方


他にもポイント制であったり、親子で利用できたり、様々な料金体系があるので、興味のある方は チェックしてみてください。


オンラインスクール注意点

最後に留意すべき点に触れておきます。

 ・ いつでもできる手軽さが、逆に挫折につながりやすい
 ・ スクールの管理監督が行き届かず、講師の質にばらつきがある
 ・ ネット回線が不安定な場合、ストレスとなる

こういった点にはどう対処すればいいでしょうか。

ほとんどのスクールでは、無料体験レッスンを受講することができます。 気になったスクールを見つけたら、まずは無料体験レッスンを受けて、講師やネット回線をチェックしましょう。 挫折しそう・・という方は担任制でがっちりスケジュールを組むのもひとつの手です。

そして、浮いたお金を貯めて、海外旅行してみては?
モチベーションアップに繋がり、お子様の英語力も飛躍的にアップ↑なんてこともあるかも??



お金のプロフェッショナルである、ゆりもとFP事務所が、
富の法則をマスターするための「マインド」「行動」「情報」を発信中☆
【 お金と幸せを引き寄せる 富の法則 】 無料登録はこちらから >>

このページの最初へ戻る