トップページ  >  FPコラム  >  第3のワザ 何のためにお金を貯めるのか・・・蓄財の目標を持つ

夢や希望をありありと描こう

2010年9月21日

ファイナンシャル・プランナー ゆりもとひろみ

前回は保険を見直すことによって、家計の守りを固めるポイントをお知らせしましたが、今回は、家計における本格的な【攻めのステップ】に入っていきたいと思います。 【攻めのステップ】に入るには、心構えが大切です。

節約や貯蓄を成功させる 【第3のワザ】 とは?

わが家の長女が、1歳になる前くらいの頃、「ハイハイ」や、「つたい歩き」で家の中を動き回り、1番カワイイけれど、危なっかしくて目の離せない時期のことでした。

彼女は、普段は実にのんびりと動いているのですが、チラッとでもおやつを見ようものなら、満面の笑みを浮かべて、もの凄いスピードでやってきます。こういうときは、不思議と、大きな段差もこけずに乗り越えてきます。彼女の頭には、おやつをゲットすることしかありません。

「もらえなかったらどうしよう」「こけたら、痛くていやだなあ」なんてことは、全く考えていません。余計なことにエネルギーをロスしないので、最速でお菓子にたどり着くのです。この赤ちゃんの姿に、大きな成功のヒントがあります。私たち大人も、自分の持つエネルギーを最高に活用できたときに、成功への一番番近道を走っているといえます。「これをしないといけない」「いやだけど、やらされている」という思いがあると、エネルギーが不完全燃焼を起こしてしまうものです。

ですから、節約、倹約、貯蓄のライフスタイルを、楽しみながら、ずっと続けるための魔法を、自分にかける必要があります。今回は、そのステキな魔法をお教えいたします。

【第3のワザ】
何のためにお金を貯めるのか ・・・ 蓄財の目標を持つ
あなたは、将来にどのような夢をもっていますか?

すぐに答えることのできた方は、10年後の貯蓄を10倍にできる可能性がきわめて高いです。現在の努力が、あなたを夢に近づけていると、手ごたえを感じるとき、ワクワクしながら創意工夫に励むことができるでしょう。

「○年後に頭金を○万円貯めて、マイホームを手に入れるぞ!」
「○年後に独立して、やりたかった事業を始めたい!」

などは、素晴らしい目標だと思います。一方、バブル期に家を買って、ローンの負担に苦しい日々を送っているご家庭もあるでしょう。そういう方こそ、いったん、心をひろーく開いて、自由にイメージしてみましょう。

「このローンを完済できたら、どれほど心が軽くなるかしら」
「もし完済できたら、次はどんな楽しい目標をもとうかしら?」

そして、「あ、こうなったら、本当にうれしいな。幸せだな」という素敵なイメージを心にうかべることができたら、半分以上、成功しているといっても、言い過ぎではありません。希望を心に灯すことができたら、その希望があなたをゴールまで連れて行ってくれるからです。

あなたの蓄財に対するワクワクするような目標を見つけてください。そして、その目標を紙に書いたり、家族に話したりして、より明確にしましょう。きっと毎日が、キラキラ輝く時間へと変身することでしょう。

ゆりもとFP事務所メルマガ掲載コラム 再編集


お金のプロフェッショナルである、ゆりもとFP事務所が、
富の法則をマスターするための「マインド」「行動」「情報」を発信中☆
【 お金と幸せを引き寄せる 富の法則 】 無料登録はこちらから >>

このページの最初へ戻る