トップページ  >  各種ご相談  >  住宅ローンサポートパック
 住宅ローンサポートパック

住宅ローンを検討している方へ(新規/借換)

これから「新たに住宅ローンを組む」予定をお持ちの方、あるいは「借り換え」を予定している方に、簡単なクイズです。

Q.あなたが住宅ローン3,000万円を、年3%の利息で借りて、30年間に渡って返していくと、トータルでいくらの利息を払うでしょうか?

(1)319万円  (2)957万円  (3)1,553万円

ヒント:新車1台分よりも大きい金額です。海外旅行を20回するよりも高い金額でしょう。

さて、いくらになるでしょう? (クイズの答は、このページを最後まで読んでいくと、必ず見つかります)。


住宅ローンのコストをいかに抑えるか

部屋

ここから先は「3,000万円を30年間」借りるケースを前提としてお話していきます。このような利息を中心とした総コストは、 ローンの選び方や組み方の違いによって、いくらの損得の違いが生じるのでしょうか?

正直申し上げて、100万円以上の違いが出ることは珍しくありません。諸費用も含めたトータルでは、500万円以上の損得が違ってくるケースもあります (例えば、3,000万円を1%ほど不利なコストで借りると、1年間で30万円を余計に払うことになります)。

さらに質問ですが、あなたは住宅ローンの「諸費用も含めたトータル」のコストの概要についてご存知ですか?

ズバリ、住宅ローン関連コストのベスト3は、こちらです。

1位 金 利コスト 約1〜3%/年  
2位 団 信コスト 約0.3%/年 不要な場合あり / 安くできる場合あり
3位 保証料コスト 約0.2%/年 不要な場合あり

これ以外にも、抵当権設定費用(登録免許税)と司法書士の報酬、印紙税、火災保険料などがありますが、住宅ローン選びには、上記ベスト3が大きなウェイトをしめます。 ですから、長期的に見て<住宅ローンの3大コスト>の合計金額を抑えられる住宅ローンの選択とプラニングが基本となります。

では、<住宅ローンの3大コスト>の合計の年間水準は、現時点でどのくらいかご存知ですか?

ボタン 全期間固定タイプ 3%前後 (都銀のフラット35の場合)
ボタン 短期間固定タイプ 1%台前半 (都銀の3年固定キャンペーン)

目先だけ考えると、長期固定よりも金利が2%近く低いタイプ、例えば「3年固定1%のキャンペーン」などを利用することで、 最初の3年間で180万円近くトクすることになります。これは非常に大きなメリットです。(別の言い方をすると、 長期固定型のローンは<金利上昇リスク>を抑えるための保険料を余計に払っているようなものです)。

しかし、そのような形のキャンペーン商品を利用する場合は、

ボタン 固定期間の終了後、どのレベルまで金利上昇の可能性があるか?
ボタン 固定期間の終了後、金利が上昇したときの対策はどうするか?

を本格的にシミュレーションしておく必要があります。

そして、金利上昇時の対策を本格的に考えるためには、<住宅ローンの選択・プランニング>を行うタイミングで、 家庭全体の収入や支出、 貯蓄残高の推移をリアルに予想できるライフプラン(ファイナンシャル・プラン)を作るのがベストです。 住宅ローンに関する体系的な知識を持った、中立的な専門家のサポートを受けながら、

ボタン 住宅ローンの選び方、組み方の分析とプランニング
ボタン 住宅ローンを組んだ場合のライフプラン作成
ボタン 住宅ローンに関連する保険料の無駄をカット!

を本格的に実施したい方は、

「住宅ローンサポートパック」のご案内をお読みの上、「初回個別相談(約60分)」をご予約ください。


住宅ローンサポートパック : サービスの流れと内容

1.住宅ローンの個別相談(初回相談・約50分)

  • 住宅ローンに関する基本事項の確認、必要に応じてレクチャーを提供します。
  • 住宅ローン設計に対する、様々な個別の希望をお聞きします。
  • 将来の支出や収入に関する情報をお聞きして、明確にします。
  • 住宅ローン以外の支出が大きくなるタイミングも把握します。
  • 過去〜現在〜未来の金利水準の推移についてもお話します。

2.住宅ローン個別プランの分析および作成

  • 住宅ローンを組んだ場合のキャッシュフローを作成します。
  • お客様の希望に合った個別の住宅ローン商品を分析します。
  • 住宅ローンの選択、組み方に関する具体的なプランを作成します。

3.住宅ローン個別プランの提案

  • 住宅ローンを組んだ場合の、家計全体のキャッシュフローをいっしょに確認していきます。
  • 住宅ローンの選択に関する具体的なアクションプランを丁寧に解説、質疑応答をいたします。
  • 提案内容についてご不明な点があれば何でもお聞きください。

4.住宅ローンに関連する保障の分析及び過不足整理を提案

  • 火災保険は補償内容・補償期間などを調整することで、保険料を削減できるか確認します。
  • 団体信用生命保険は、同等の保障をカバーしつつ、保険料を安くできる確認します。
  • 生命保険は、住宅ローンを組んだ時点で、死亡保障の過不足が生じる場合があります。適正で割安な保険になっているか分析し、保険料を節約できる場合はアドバイスいたします。
  • 「死亡以外で住宅ローンを払えなくなるリスク」にどのようなものがあるか、どこまで対応したいかを確認します。

5.住宅ローン個別プランの実行サポート   

  • 専門知識を持った担当FPがプランの実行完了までしっかりサポート。
  • 住宅ローンの申込み、審査、実行に際してお困りの場合はお聞きください。
  • 弊社経由で複数の金融機関に仮審査を依頼することも可能です。 (状況によりサポートできない場合があります)。

6.住宅ローン実行後のアフターフォロー

  • 翌年の確定申告(新たに住宅ローン控除を受ける場合、初年度は必須)に関する一般的なレクチャーを提供いたします。
  • 申告の代行を希望される方には、信頼できる税理士の紹介も可能です。
  • 1年間無料で最高12回まで電話やメールによる質問や相談が可能ですので、住宅ローンの返済が始まった後も安心です。

住宅ローンサポートパック料金

上記1〜6を全て含む<住宅ローンサポートパック>は、

住宅ローンサポートパック

パック料金 50,000円+税

※ ご希望に応じて、<キャッシュフロー表=家計全体の収支・貯蓄の推移予想>を作成します。
※ 初回相談の際に料金を先にお支払い頂いている方は、上記のパック料金より初回相談料が差し引きとなります。


クイズの正解は (3)の 1,553万円 。 結構な金額になりますね!

お申し込み方法

ご相談のお申し込みフォームは、こちらです >>

上記のフォームで送信できない場合は、下記の方法でお申し込みください。

チェック 電話 045-315-3901 (平日10時〜20時)
チェック FAX 045-315-3921 (24時間受付)
チェック メールでの申込先 kakei@yurimotofp.com

住宅ローンサポートパック <メール・FAX用> お申し込みフォーム

メールかFAX用紙に、下記のフォームをコピー&ペーストして、必要事項をご記載の上、お送りください。

どのサービスにしようかお迷いの方は、初回相談をご利用ください。
その場合は、“件名”と“申込内容”を【初回相談申し込み】にして、このフォームでお申し込みください。

(件名) 【住宅ローンサポートパック申し込み】
□ お名前 :

□ フリガナ:

□ ご住所:〒

□ 電話番号:

□ メールアドレス:

□ 申込内容:住宅ローンサポートパック

□ 相談場所 :神奈川(横浜)・東京(銀座)・埼玉(川口)・埼玉(春日部)・その他

□ ご希望日時(第一希望):  月  日

□ ご希望日時(第二希望):  月  日

□ コメント欄

※ コメント欄には、ご不安な点、特別なご要望がありましたら、遠慮なくお書きください。
※ 相談場所は、神奈川・東京・埼玉の事務所となります。遠方の方には、通信相談や、お住まい近くの信頼できるファイナンシャル・プランナーを紹介させていただきます。お気軽にお問い合わせください。
※ お子様が小さいなど、ご自宅訪問を希望される場合は、交通費の実費負担で対応させていただいております。ただし、片道2時間以上かかる場合はお断りさせていただく場合があります。まずはご相談ください。
※ ご希望日時は、土日祝日でもご指定可能です。

このページの最初へ戻る