トップページ  >  知っ得コーナー  >  [はじめの一歩シリーズ] 第2回 そもそも投資信託って何ですか?

[ ママのための資産運用 はじめの一歩シリーズ ]
第2回 そもそも投資信託って何ですか?

2016.10.02

資産運用をこれから始める人にとって困るのが、聞きなれない投資関係の用語がたくさん登場することです。 中でも分かったようで分かりにくいのが、「投資信託って何だろう?」ということです。 資産運用のセミナーに出ても、本を買ってきて勉強しようとしても、「投資信託」という金融商品(お金を活用してお金を増やす商品の総称)を、 知っている前提で話が進むことに、少し焦ってしまいますよね。 今回は、「投資信託の仕組みと始め方、これだけは知っておきましょう!」という内容をまとめてみました。

投資信託ってなに?

投資信託は言葉通り、投資を「信用して」「託する」という仕組みの金融商品です。 誰に「託す」のかというと、資産運用を仕事にしているプロの方々に、ということです。 たくさんの人から集めたお金を、運用のプロが株式や債券・不動産などに投資し、利益がでると投資した人に持ち分に応じて配分していきます。 資金が運用で10%増えれば、100万円投資した人は10万円儲かり、1万円投資した人は1,000円儲かる、というイメージです (実際は投資信託を運営するコストや税金が差し引かれます)。投資信託はファンドと呼ばれる場合もあります。

投資信託のメリットとは?

投資信託を活用するメリットは大きく2つあります。

ひとつ目は、プロに自分のお金の運用をお任せできる点です。初心者がちょっと勉強しただけで株式や債券に投資して、利益を上げ続けるのは大変難しいことです。 「何に投資をするのか」「いつ買って、いつ売って利益を確定するのか(あるいは損切りをするのか)」と言った重要な投資判断を、 全てプロにお任せできるというのが、とても優れた点です。

二つ目は、個人では投資できない金融商品でも、投資信託を通じてなら投資ができ、運用の幅が広がることです。 例えば、A社の株式が単位株100万円だとします。あなたの投資に回せる予算が1万円の場合、A社の株式を買うことはできません。 けれどA社を含む数十社の会社に投資する投資信託は、通常1万円から購入することが可能です。

投資信託は、たくさんの人からお金を預かることで数億円、数十億円という大きなお金を運用できるため、個人では買えないような高額の金融商品にも投資ができます。 小さな資金でも人気のある商品に投資したり、分散投資(資金をいろいろな種類の金融商品に分けて投資をし、一時的に経済環境が悪くなっても、 いっぺんに損する確率を減らす手法)を実践したりすることができます。

投資信託の始め方

投資信託は日本で数千本は販売されており、楽天証券でも約2,000本もの投信が購入できます。 運用の本には、「ポートフォリオを組みましょう」「手数料をしっかり調べましょう」などと、ムズカシイことが山のように書いてあり、 「教科書通りに運用したいと思って勉強するうちに、何年も経ってしまいました」という方もよく相談に来られます。

資産運用は自動車の運転と同じで、ペーパー上の勉強だけをしていても限界があります。 少額でも投資を始めることで、逆に格段に勉強が進みます。ただ、分からない時にはできるだけ慎重に、小分けに投資する方がよいでしょう。 例えば、これはと思う投資信託を、毎月少額積立でスタートするのが一つの方法です。楽天証券では月1,000円から積立購入が可能ですので、気軽に始めることができます。 最低3〜5年は無理なく続けられる積立金額を予算にして、はじめの一歩を踏み出してみましょう。

 ゆりもとひろみ



ゆりもとFP事務所でも、相続相談を承っております。内容を伺って料金を提示いたします。

このページの最初へ戻る