トップページ  >  FPコラム  >  時限措置のお得制度をチェック!

時限措置のお得制度をチェック!

2010年9月22日

ファイナンシャル・プランナー ゆりもとひろみ

2010年(平成22年)4月から、様々な優遇税制や軽減措置が施行され始めています。今回はそのうち3つをご紹介します。

【1】「フラット35S」の金利を10年間1%優遇

「フラット35」は、35年間の固定金利ですが、 ◎省エネルギー性 ◎バリアフリー性 ◎耐震性 ◎耐久性・可変性  のいずれかの技術基準を満たせば、「S」適用を受けられます。

金利差1%と言っても、住宅ローンの場合は借入額が大きく、支払額に数百万の違いが出てきますので、期限内にローンを組む方にとっては、またとないラッキーチャンス到来です!

※ 期限は2011年12月30日まで

【2】倒産・リストラに遭った方は、国民健康保険料が軽減

対象者は、雇用保険適用で、倒産・解雇・雇い止めによる離職をして、失業等給付を受ける方になります。

◎保険料は通常の3割程度。 ◎期間は離職の翌日〜翌年度末までの期間。制度が始まる前1年以内の方の失業についても、2010年度に限り保険料が軽減されます。

※ 制度が始まる前1年以内 ⇒ 2009年3月31日以降に離職された方

軽減を受けるには申請が必要になりますので、お住まいの市町村国民健康保険担当にお尋ねくださいね。

【3】未納の国民年金保険料を10年追納可能に

2011年度中に施行する方針ですが、未納の国民年金保険料が10年までさかのぼれるようになります。現行は、過去2年分の追納しか認められていませんでした。

◎ 公的年金は25年以上加入しないと1円ももらえません(40年加入で国民年金は満額)。

過去2年を超える追納の場合は、利息分として加算金が上乗せになりますが、あと1、2年分追加すれば、25年をクリアできる人には朗報です。

2010年4月19日発行 ゆりもとFP事務所メルマガ掲載コラム 再編集


お金のプロフェッショナルである、ゆりもとFP事務所が、
富の法則をマスターするための「マインド」「行動」「情報」を発信中☆
【 お金と幸せを引き寄せる 富の法則 】 無料登録はこちらから >>

このページの最初へ戻る