トップページ  >  FPコラム  >  年の途中でもらった源泉徴収票

年の途中でもらった源泉徴収票

2013年10月09日

ファイナンシャル・プランナー 関山郁子

今年の5月、友人のAさんがパート仕事を辞めました。

「年末じゃないのに、源泉徴収票をもらったんだけど、これは、どうすればいいの? 金額が少し多いみたい」 とAさんから質問されました。


年の途中で発行された源泉徴収票

会社では、年末に源泉徴収票を発行しますが、 年の途中で退職した方には、通常、退職してから1カ月以内に源泉徴収票が渡されることになっています。

 ※年の途中なので、年末調整はされていません。

確定申告や、年内に再就職した時に会社へ提出するなど、 あとから必要になる場合がありますので、大切に取っておいてくださいね。

もらえなかった場合は、退職した会社へ問い合わせましょう。


金額は多かった?

給与計算の基準日、支給日は会社によって異なります。

Aさんが退職した会社の給与は「末締めの翌月25日払」ということでした。 例えば、10月に働いた分を、翌月11月25日にもらう、ということになります。

源泉徴収票は、支給日を基準に計算されます。

5月に退職したAさんがもらった源泉徴収票は、12月〜5月に働いた分が合計されているので、 少し多めに感じたのでしょうね。



お金のプロフェッショナルである、ゆりもとFP事務所が、
富の法則をマスターするための「マインド」「行動」「情報」を発信中☆
【 お金と幸せを引き寄せる 富の法則 】 無料登録はこちらから >>

このページの最初へ戻る