トップページ  >  FPコラム  >  貯蓄を増やし続けるために必要なこととは?

貯蓄を増やし続けるために必要なこととは?

2014年03月19日

ファイナンシャル・プランナー ゆりもとひろみ

家計のやりくりを成功させ、貯蓄を増やしていくために大切なこと。それは「貯蓄する目的をもつこと」です。 「何のために」「いつまでに」「いくら」という目標を決められると良いですね。

住宅取得のためや子どもの教育費準備などは、計画が立てやすい資金です。

貯蓄のスタート目標としては、まず「何かあった時のリスクに対応するための貯蓄」から始めると良いでしょう。


リスク対応貯蓄からスタートしよう!

リスク対応貯蓄というのは、ご主人が突然リストラされたり、 家族の誰かが入院して大きな出費が発生したりというアクシデントに備える貯蓄のことです。

最低でも生活費の3ヶ月以上の予備貯蓄があれば、家計のアクシデントを乗り越えて 生活を立て直しやすくなります。 例えば月30万円の支出があるご家庭であれば、30万×3ヶ月で最低100万円ぐらいとなります。

「その予備の貯蓄はもうクリアしています」という方は、次の目標を設定しましょう。


Next Step:目標設定が大事

100万円の貯蓄をクリアした方は、次に300万、500万円を貯めていくにあたって、 自分をきっちり動機づけするための目標設定が必要になってきます。

これがないと、エアコンの自動調整のように、100万円から減ると危ないと思って100万円まで貯めようとするのですが、 大きく増えると安心して使ってしまい、また100万円に戻るということを繰り返しがちになります。

当初の目標をクリアできた場合は、また目標の再設定をして、気持ちを入れ替えることで、 貯金がまた増えていくようになります。 「自分や家族の夢を叶えるためには○○万円の貯蓄が必要なんだ!」という、心底納得できる理由があると心強いですね。

努力を始めても、計画どおりにいかないのが世の常ですし、つらいことやストレスが溜まることもたくさんあります。 そのときに動機が弱いと「大変だしやっぱりや〜めた」となってしまうかもしれません。 けれど、「こういう目的のために、私は1年で○万円貯めたかったんだわ」ということを思い出すことで、 多少予定外のことがあっても負けずに、目標に近づいていくことができます。



お金のプロフェッショナルである、ゆりもとFP事務所が、
富の法則をマスターするための「マインド」「行動」「情報」を発信中☆
【 お金と幸せを引き寄せる 富の法則 】 無料登録はこちらから >>

このページの最初へ戻る