トップページ  >  FPコラム  >  お金と幸せを引き寄せる 富の法則8 本当の自分を知る旅

お金と幸せを引き寄せる 富の法則8 本当の自分を知る旅

2011年09月23日

ファイナンシャル・プランナー ゆりもとひろみ

限りなく幸福を求めて 羽ばたいていくことと
限りなく 自分の本質を見つめ 探求していくことは
ベクトルは真逆に見えるが 本質的には同じことをしている
「自分とは何か」を 深く理解するほど
人生の目的地へ 迷いなく進む力が湧いてくる

 

《解説》

何に向かって進めばよいか分からなくなったとき。 やってもやっても成果が見えないとき。  忙しすぎるとき。 疲れきって、あるいは、失望して、次へ向かうモチベーションがどうしても湧いてこないとき。

そういったときに、人生の旅の方角を取り戻すために使える、 3つの方法をご紹介します。


1.今の日常の流れをいったん無理やりでも断ち切って、方向を見つめ直す時間を確保する

効果的なのが旅行や出張などで、時空間をリセットすることです。 非日常な時空間に身をおくことで、運命の流れの外にいったん出ることができます。

私はどこへ向かっているのか? 本当のゴールはどこだったのか?

そういった自分を客観視して考える時間を取ることで、普段の思考パターンでは見失っていた、 自由な視点を取り戻すことが可能になります。


2.親しい人の力を借りて、自分とは何かを見つめなおす

私の強みや良いところはどこ? 私の特徴的なところはどこ?

恥ずかしいですが、友人や家族5名くらいに、おお真面目に質問して、答えてもらいましょう。 そして、答えを手がかりに、自分のルーツをじっくりと見つめ直して見ましょう。

自分は、どんな個性や家庭環境や運命を持って生まれてきて、今生きているのか?
自分の本質的に価値ある個性はなんだろう?
何を強みとしてやっていくと、周りからも喜ばれるんだろう?


その中に輝く種を見つけることができれば、良い形での自己信頼が取り戻せ、 スランプは消え去っているはずです。

意外と一番身近にいる人たちが、正当にあなたの本質的な良さを、知ってくれていることが多いのです。 下手にひとりで悩んでいるより、率直に聞いてみた方が早いかもしれません。

3.目の前にある、自分がやるべきことに完全集中する

どうしても、今の流れ(仕事・人間関係など)から抜け出せないときに、 流れにおぼれてしまわず、本来の方向感覚を取り戻す方法です。

悩んでいるというのは、どんな理由があっても、自分のために時間を使っている状態です。 エネルギーの流れをマイナスから意図的にプラスに変えることで、状況を打開していく方法があります (結構根性が要りますが)。

今できること、今誰かの役に立てることに、集中するのです。 精神的にも時間的にも夢中で打ち込む状態を作れると、 日常をリセットするのと同じような効果が出てきます。

人のために与える方向で動きを続けると、 良いエネルギーの流れに入るため、知らぬ間に軌道修正ができてきて 方向感覚が戻ってきたり、次の道が開けてくることがあります。 3ヶ月がんばれば、必ずといっていいほど、進展が得られるものです。

いいとき悪いとき、絶好調と最悪のスランプを越えて、 大切なものをつかみながら、幸福のゴールへ向かう旅が 私たちの人生です。 道に迷う時間をなるべく短くしながら、 楽しい旅を続けたいものです。

ゆりもとFP事務所メルマガ「お金と幸せを引き寄せる 富の法則」掲載コラム 再編集


お金のプロフェッショナルである、ゆりもとFP事務所が、
富の法則をマスターするための「マインド」「行動」「情報」を発信中☆
【 お金と幸せを引き寄せる 富の法則 】 無料登録はこちらから >>

このページの最初へ戻る