トップページ  >  FPコラム  >  第19のワザ お金をかけなくても、幸福なライフスタイルを確立する

資産を増やし続けるための心構え

2010年10月4日

ファイナンシャル・プランナー ゆりもとひろみ

皆さんは収入が多い家庭ほど、貯蓄も多いと思いますか?

私のFPの経験から言わせてもらうと、答えは「NO」なんです。

貯蓄額は、危機感の強さや目的意識の明確さに比例する

年収が500万程でも毎年100万円以上貯めているご家庭がある一方、800万、1000万あっても、貯蓄がゼロで、おまけにカードローンをかかえていたりするご家庭もあります。貯蓄の額というのは、収入の多さに比例するのではないのです。危機感の強さや、目的意識の明確さに比例するのだなというのが、正直な感想です。

「収入が増えさえすれば、もっと貯められるのに」と思っているうちは、たとえ収入がアップしても、何やかんやと持ち出しが増え、貯蓄は一向に増えない・・・、という可能性はきわめて高いのです。

収入が増えても暮らし向きを変えないことは、蓄財を成功させる大事な条件ですが、実践するためには、ある心構えが必要です。

それでは、第19のワザ をお送りします。

【第19のワザ】
お金をかけなくても、幸福なライフスタイルを確立する
本当に欲しいものは・・・

皆さんの心の中をのぞいてみると、「もし、お金がいっぱいあれば、こんなことしたい、あんなことに使いたい」という願望が、いくつもあることと思います。

これは裏を返せば「お金が足りないがゆえに満たされていない」という気持ちを抱えているということです。この「満たされていない」という思いの内容をよく点検すると、実は、本当に欲しかったものは、お金で手に入るものではないことが多いのです。

旅行や豪華なレジャーに行きたくてたまらない時、本当は仕事や生活に疲れきってしまい、悲惨に散らかった部屋を片付ける時間も気力もなくて、とにかくストレスから逃げ出して気分転換したいというのが心の本音だったりします。1人でゆっくりと自分を見つめ、気の済むまでお部屋をきれいに片付ける時間が取れれば、お金をかけることなくリフレッシュできることもあります。そして、この「心の自由度」を取り戻したいというのが、本当は達成したかった目的だったりするのです。

あるいは、信頼している人に心の内を相談するという手もあります。自分の気持ちを理解してくれているメッセージをもらえれば、いっぺんに疲れが取れて、元気100倍になれますね。

あるいは、ご主人への不満がたまっていて、お買い物やレジャーに、じゃんじゃんお金を使ってしまう方は、いくらお金を使っても、心が満たされることはありません。ご主人さんとの関係を良くするための1歩を踏み出さなければ、いつまでも心にストレスがたまり続け、消費活動をかさねても心が晴れることはないでしょう。

心を自由にすると、幸福感も増える

心の中の「満たされていない思い」「お金を使って解決したい思い」の中で、本当の願いは違うところにありそうだと思った事柄については、「どういう状態になったら、本当に幸せなのか。満足できるのか」を、明確にイメージしてみましょう。

そのイメージを実現するための方法を考えて見ると、経済的制約がある現在のままでも、イメージに近づくことができることも多いのです。

子どもを私学に入れるお金が足りないと悩んでいたけれど、本当は「将来の夢を持って勉強に身を入れてほしい」というのが悩みの原因で、子どもと正面切って、将来を話し合うことを、母親としてうまく伝えられる自信がなくて、避け続けてきたから、ということもあります。

こうして「満たされない思い」をみつめ、解決していくと、今の生活への満足度が高まり、無理やりガマンしなくても貯蓄を増やしていくことができるようになってきます。

また、悩みはないけれど、時間をもてあましていて、いろいろお金を使って遊びたくなるという方は、読書や運動、芸術など、お金をあまりかけなくても楽しめる趣味を見つけるとよいですね。何らかの面で自分を向上させる趣味だと、長く楽しんで続けることができます。

本当に欲しいのは「お金」ではなく、「自由」や「希望」なのではないでしょうか。心が自由になれたとき、今までと同じ日常のなかでも幸福感が増え、そして資産形成にも近づいている自分を、発見できることと思います。

ゆりもとFP事務所メルマガ掲載コラム 再編集


お金のプロフェッショナルである、ゆりもとFP事務所が、
富の法則をマスターするための「マインド」「行動」「情報」を発信中☆
【 お金と幸せを引き寄せる 富の法則 】 無料登録はこちらから >>

このページの最初へ戻る