トップページ  >  FPコラム  >  期限延長! おトクなフラット35S

期限延長! おトクなフラット35S

2010年9月21日

ファイナンシャル・プランナー 渡邊英利

長引く低金利に加えて、政府による住宅取得支援策により、今とても人気が出ている住宅ローンがあります。それが、フラット35です。金利優遇の拡大措置の期限が、2010年12月末から2011年12月末まで延長されました。

フラット35Sって?

フラット35は、住宅金融支援機構が民間金融機関を通じて提供する、長期固定金利の住宅ローンです。フラット35適合住宅のうち、

(1)省エネルギー性 (2)耐震性 (3)バリアフリー性 (4)耐久性・可変性

のいずれかに優れた住宅を建てたり購入したりした場合に、「フラット35S」が適用できます。

今、注目を集めているのは、そのフラット35でも、期間限定で金利の引き下げをしてくれる「フラット35S」というものです。フラット35Sを利用すると、当初10年間、金利が1%引き下げられ、月々の返済額がラクになります。

この制度、従来は当初10年間0.3%引き下げだったのですが、景気対策として現在引き下げ幅が拡大されているんです。

さらに、もう一段レベルの高い住宅については、フラット35S(20年金利引き下げタイプ)が利用できます。20年金利引き下げタイプの場合、当初10年間が1%引き下げ、11年目〜20年目までが0.3%金利引き下げが続きます。

フラット35Sは、いくらトクするの?

例えば、返済期間35年で2000万円借りた場合を比べてみます。

フラット35を取り扱っている金融機関のうち、2010年8月時点でいちばん低い金利は、2.23%です。ボーナス返済なしとした場合、次のようになります。

 当初10年間の毎月返済額
フラット35  68,638円
フラット35S 58,626円


月々約1万円のトクになりますね! 年間約12万円!

フラット35S(20年金利引き下げタイプ)を利用した場合、35年後の総返済額の差は・・・

なんと、約245万円!!

話題のハイブリッド車1台分、おトクになるんですね。こんなにもおトクになるフラット35S、これからマイホームをお考えの方にとってはとても魅力的です。さいごに、次の点に注意しながら活用を検討していきましょう。

フラット35S 利用の注意点

1.0%の金利引き下げは、期限までに申し込んだ人が対象となります。また、予定の募集金額に達した場合は、期限を待たずに終了してしまいますので、ご注意ください。また、当初10年間の返済額が軽くなるからといって、今の生活ギリギリの返済額で借りないようにご注意ください。

金利引き下げが終わる11年目からは、毎月の返済額が増えますので、その時の返済額でも余裕をもって生活ができるように、借入額を決めましょう。

2010年8月16日発行 ゆりもとFP事務所メルマガ掲載コラム 再編集


お金のプロフェッショナルである、ゆりもとFP事務所が、
富の法則をマスターするための「マインド」「行動」「情報」を発信中☆
【 お金と幸せを引き寄せる 富の法則 】 無料登録はこちらから >>

このページの最初へ戻る